ニュース

政治にブロックチェーンプラットフォーム

現役の慶応義塾大学生がブロックチェーンを活用して議論プラットフォームを開発する。特に思想や主義、様々な主張から議論が白熱する政治に重きを置いて環境を作るようだ。

この政治プラットフォーム、ポリポリでは政治家や有権者がSNSと同じように発言できる。そして有権者は政治家の発言に「いいね」のように気に入った、同じ思想の発言にポリンというトークンを投じることで、その意思を表明できる。また、このポリンは有権者が政治家に送ることができ、政治家はこのポリンを利用して自身の政治活動に使う備品との交換ができるようになっている。

政治家がTwitterやメディアを通じて発言することもあるが、その発言を削除、メディアの都合のいいように編集され報道されることも多い。個人に思想があるように、報道陣にも思想があるためこういったことが起こるのは当然だ。だが、ブロックチェーンを活用したプラットフォームでの発言とあれば、誰でも見ることができ偏向報道も改ざんもなく、純粋に議論ができるのではないだろうか。計画としては18年中にトークンの配布を開始、19年の参院選に向けてサービスを拡大していく。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. トランプの就任とビットコイン

  2. Mt.GOX事件、警視庁が一年かけてデータ解析

  3. EUで暗号通貨の犯罪に罰金を検討

  4. ビットバンク取引再開しデータ提供

  5. オーストリアの銀行がR3へ

  6. マイニングに対する各国の動き

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か

ニュース

BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備