ニュース

VISAの元CEO、ブロックチェーン企業CEO就任

VISA(UK&アイルランド)の元CEO、Marc O’Brien氏がブロックチェーン企業、クリプテリウムのCEOに就任した。

同社は昨年エストニアで設立された企業で、昨年末のICOで約60億円もの資金調達に成功している。同社は暗号通貨を日常的に使いやすくするためのサービスの提供を目指している。Brien氏はフィンテック(金融技術)とレグティック(規制技術)に携わっていた経験とマスターカードでアドバイザーを務めていたという経験があるため、金融に暗号通貨をどう取り組んでいくのか、日常的に使うには何が必要かという判断が適切になされるのではないかと期待されている。

同社ではVISAかマスターカードと提携して暗号通貨カードを開設したいと考えている。カード会社では暗号通貨の持つ危険性から嫌厭しているところが多いが、技術に関してはやはり金融業界なだけあって取り組みが積極的になされている。マスターカードでは偽造カードが使えないようにブロックチェーン技術を活用する取り組みなどが行われている。「暗号通貨カード」はそれほど目新しい発想ではないかもしれないが、長年金融業界、クレジット会社に勤めた経験のある人物が構想を練り、提案することでそれの開発は現実味を帯びてくるだろう。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ソニーはブロックチェーンで特許

  2. コインチェック業務再開へ、ネムの補償は来週から開始

  3. コインベースは機関投資家向けの新しいストレージサービス

  4. 金融庁、仮想通貨業界にどう動く

  5. 中国、開発ではなく導入へ段階進む

  6. LINE、Dapps制作に向け動き出す

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ