ニュース

三菱UFJ、処理量10倍決済システム開発

三菱UFJフィナンシャル・グループはブロックチェーン技術を活用して高速の決済処理システムを開発した。これにより従来のカード決済システムの10倍の処理量となり、円滑な決済が行えるため利便性が高まった。

同グループはモノとネットがつながるIoTの普及で小口の決済が今後急速に増加していくことを見据えて、いまのクレジット決済が抱える処理速度の問題、手数料を改善するために世界135ヵ国に24万台のサーバーをもつブロックチェーン企業アカマイ・テクノロジーズと開発に取り組んでいた。ブロックチェーン技術を利用して管理し、高速に処理を行えるため、費用も従来のシステムに比べ1/10になるという。三菱UFJはこの技術を2019年度めどに実用化するようだ。このコスト削減により、カード決済を導入する店舗の負担が減りキャッシュレスを促進できると考えられる。

IoTとは Intenet of Thingsの略称で従来のインターネットのようにPC同士の通信のためのものではなく、音楽やゲーム、電気や家具・車といったネットとモノをつなぐこと。例えば自宅に帰る数分前に家電に暖房や冷房をするように指示を出す、などといったこと。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. イーサリアムは更なる利便性を求める

  2. 株式市場の動きが知りたければ、ビットコインに注目しろ

  3. AIの時代のためのブロックチェーン技術

  4. フィリピン政府、強い仮想通貨業界の規制へ

  5. DAppsプロジェクト情報収集プラットフォーム

  6. bitFlyer顧客対応窓口を新たに開設

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]