ニュース

三菱UFJ、処理量10倍決済システム開発

三菱UFJフィナンシャル・グループはブロックチェーン技術を活用して高速の決済処理システムを開発した。これにより従来のカード決済システムの10倍の処理量となり、円滑な決済が行えるため利便性が高まった。

同グループはモノとネットがつながるIoTの普及で小口の決済が今後急速に増加していくことを見据えて、いまのクレジット決済が抱える処理速度の問題、手数料を改善するために世界135ヵ国に24万台のサーバーをもつブロックチェーン企業アカマイ・テクノロジーズと開発に取り組んでいた。ブロックチェーン技術を利用して管理し、高速に処理を行えるため、費用も従来のシステムに比べ1/10になるという。三菱UFJはこの技術を2019年度めどに実用化するようだ。このコスト削減により、カード決済を導入する店舗の負担が減りキャッシュレスを促進できると考えられる。

IoTとは Intenet of Thingsの略称で従来のインターネットのようにPC同士の通信のためのものではなく、音楽やゲーム、電気や家具・車といったネットとモノをつなぐこと。例えば自宅に帰る数分前に家電に暖房や冷房をするように指示を出す、などといったこと。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」

  2. リップルの新プロジェクト、Xpring

  3. 中国、スタートアップ企業に補助金提供

  4. BitMEXによる、テザーの最新調査

  5. コインチェックから流出した「NEM」を交換した日本人に聴取

  6. IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]