ニュース

ネム専用のモバイルウォレットリリース

根強い人気をもつ暗号通貨ネム(XEM)専用のモバイルウォレットが、株式会社RambleOn(ランブルオン)によって開発された。

同社はWebサービス・アプリ開発を行っているが、今回ブロックチェーン事業参入を発表すると同時に、このウォレットのリリースも発表した。このウォレットはPico Walletといい、ブラウザ上で動作するためアプリでダウンロードする必要のない、すぐに利用できるウォレットとなっている。そのためiOS、Android、PC全てにおいて利用が可能となっており、またNEM専用のウォレットであるためによりシンプルで使いやすいものとなっている。ただ、ウォレットの情報はブラウザのキャッシュに入っているため、キャッシュクリアするとインポート前の状態になるため注意が必要と、現在はα版であるがための欠点もある。

ただ一番安全なのはやはりハードウォレット、専用端末を用意するに限る。また、ウォレットは資産そのものがそこに入っているわけではなく、その資産の所有者であることを証明する秘密鍵を保管するためのものとなっている。つまり、鍵が奪われれば資産も奪われたこととなり、紛失した場合には証明できないため資産を動かすことはできなくなる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 仮想通貨の成功は「地方」と「途上国」にあり?

  2. 電子マネー発行に対する規制[ルーマニア]

  3. PoWとPoSのハイブリッド型システム

  4. イラン、いよいよ独自暗号通貨導入準備か

  5. SBIとコインワン子会社、リップルのシステムで契約

  6. ビックカメラ、ハードウォレットの販売

PAGE TOP

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ