ニュース

テザー、2・5億ドル相当の新規トークン発行

安定した価値をもつ暗号通貨、ステーブルコインのテザー2.5億ドル相当の新しいトークンUSDTを発行した。

ステーブルコイン市場を独占しているテザーコインの総発行数は25億USDTに達しており、その量から全てが米ドルに裏付けされているとは信じがたい、と批判するものもいる。しかし、そのテザー社が市場を独占する時代も終わるのかもしれない。いまや暗号通貨の開発に金融機関も乗り出して、サービスの開始も発表されるほどの市場となった暗号通貨だ。TrueUSDやベーシスなどの新たな企業が独自のステーブルコインを開発し始めており、一社独占を維持するのは困難になっていくだろう。もちろん、どれだけ競争相手が増えようと確固たる地位を保ち続けるコインや取引所、企業もあるだろうが今までのように供給量が足りていなかったゆえに成立していたものはすべて競争の中で淘汰されていくだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ICO案件@2017.12.26

  2. 金融庁、暗号通貨に関する研究会初会合

  3. Huaweiがブロックチェーン開発支援サービス

  4. 東京都がスタートアップを支援

  5. 全面安をどう見る?ゴールドマンサックスの見解

  6. 仮想通貨投資で1年で5億稼いだ男

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か

ニュース

BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備