ニュース

Coinbase、銀行ライセンス取得に動き出す

アメリカの大手機関紙、ウォールストリートジャーナル(WSJ)は「Coinbaseが銀行ライセンス取得するために規制当局と協議を行った」と報道した。

取引所は自社が取引のために利用する暗号通貨と顧客の資産と莫大な資産を抱えているのにも関わらず、きちんとしたセキュリティや管理が行われていないことが問題視されている。そのため中には、ネットバンキングなどでセキュリティ対策がなされている銀行が、暗号通貨取引を請け負ったほうがいいのでは、という声もあるようだ。マネックスグループの松本氏は「銀行、証券、暗号通貨はいずれ融合する」といった趣旨の考えを以前述べていた。

実用性の観点から暗号通貨よりも銀行が発行した、信用できるデジタル通貨が勝るという意見もある中、このCoinbaseの銀行ライセンス取得を目指すという動きは、これからの競争社会・直面する課題を回避・解決手段となり得るのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(6/24)のニュースまとめ

  2. Ripple社に追い風!強力な取締役も!

  3. 国防総省職員採用、暗号通貨の影響

  4. ゲームクリアでBTCが手に入る!

  5. BNBのバーン、そろそろか

  6. ニューヨーク州金融サービス局が不正を取り締まり!

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]