ニュース

Amazon、決済サービスにBCH追加採用

Amazon決済サービスのPurseは今までBTC決済を行うと10〜35%の割引がされるサービスを提供していたが、今回新たにBCHでの決済サービスも今年6月から開始すると発表した。

このPurseはAmazonギフトカードを換金したい人と商品を買いたい人を照合させるサービスとなっている。つまり、商品を買いたい人はほしいものリストをPurseのプラットフォームにアップロードし、ギフトカードを持っている人にカードで購入してもらい、買ってもらった人はギフトカード所有者に代金として現金・BTCを支払うということだ。

BTCだけでなくBCHを採用するということは今後も主要通貨が導入される可能性がある。また、この導入によりBCHの価格上昇が起きる可能性もある。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 今回のG20で議長国は日本へ[次回開催は6月]

  2. 第3回研究会、ウォレットに関して

  3. ロシア債券取引にブロックチェーンを導入か

  4. ICOは証券取引委員会の管轄下か

  5. 殺し屋への報酬は暗号通貨支払い

  6. リップル1ドル割れ、リップルCEO、コインベース会長のCNBCインタビ…

PAGE TOP

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ