ニュース

Amazon、決済サービスにBCH追加採用

Amazon決済サービスのPurseは今までBTC決済を行うと10〜35%の割引がされるサービスを提供していたが、今回新たにBCHでの決済サービスも今年6月から開始すると発表した。

このPurseはAmazonギフトカードを換金したい人と商品を買いたい人を照合させるサービスとなっている。つまり、商品を買いたい人はほしいものリストをPurseのプラットフォームにアップロードし、ギフトカードを持っている人にカードで購入してもらい、買ってもらった人はギフトカード所有者に代金として現金・BTCを支払うということだ。

BTCだけでなくBCHを採用するということは今後も主要通貨が導入される可能性がある。また、この導入によりBCHの価格上昇が起きる可能性もある。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. マレーシア中央銀行暗号通貨禁止か

  2. 仮想通貨の詰め合わせを販売?

  3. マネックス、アメリカでの暗号通貨事業参入準備

  4. 取引所にあるスプレッドとは?[初心者向け]

  5. 仮想通貨の格付けイーサがビットコインを上回る

  6. 中国マイニング大手が閉鎖へ

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]