ニュース

チャールズ皇太子推薦のICO…

  • ICO

アメリカ証券取引委員会(SEC)によると2017年以降のICOで約120億ドルの収益を上げたとしており、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)はその中の約10億ドルが詐欺のICOによるものだとしている。

WSJは約1500件のICOプロジェクトを調査した結果、そのうちの約300件が詐欺の可能性があるとした。ICO詐欺といえば有名人の支持、高い利益の保証、リスクがない、有名な投資家の名を騙ったもの、他のICOのコピペなどが挙げられる。テキサス州所見委員会はちぇーるず皇太子などの有名人、セレブから推薦されていると偽ってトークンを不正販売していたWWC(ワインドワイドコイン)のICOに停止命令を出した。

こうした詐欺のICOは写真やメディアで信ぴょう性を高め、一見すると信じてしまう方もいるかもしれないが、利益を保証したり、普通に参加するのではなく特別な条件が必要(前金要求)、大企業が推薦していたり、などと基本的に「旨すぎる話」となっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. アメリカのスタートアップ企業300万ドル調達に成功

  2. ブロックチェーン技術で大きく変わる貿易金融[WTO/WCO/政府]

  3. 撤退相次ぐも、技術への投資・研究の勢いは衰えず

  4. McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

  5. Bitmex取引所、「テザー(Tether)は詐欺ではないが閉鎖の恐れ…

  6. ETFとは?暗号通貨市場のこれから

PAGE TOP

ニュース

取り締まり強化に動くSEC,規制緩和に動く議員

ニュース

BitGo、OTC業者と提携[機関投資家への流動性]

ニュース

Binance、欧州市場へ[サポート地域に日本の名称]

ニュース

昨日(1/17)のニュースまとめ

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入