ニュース

チャールズ皇太子推薦のICO…

  • ICO

アメリカ証券取引委員会(SEC)によると2017年以降のICOで約120億ドルの収益を上げたとしており、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)はその中の約10億ドルが詐欺のICOによるものだとしている。

WSJは約1500件のICOプロジェクトを調査した結果、そのうちの約300件が詐欺の可能性があるとした。ICO詐欺といえば有名人の支持、高い利益の保証、リスクがない、有名な投資家の名を騙ったもの、他のICOのコピペなどが挙げられる。テキサス州所見委員会はちぇーるず皇太子などの有名人、セレブから推薦されていると偽ってトークンを不正販売していたWWC(ワインドワイドコイン)のICOに停止命令を出した。

こうした詐欺のICOは写真やメディアで信ぴょう性を高め、一見すると信じてしまう方もいるかもしれないが、利益を保証したり、普通に参加するのではなく特別な条件が必要(前金要求)、大企業が推薦していたり、などと基本的に「旨すぎる話」となっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ウクライナ、取引所の代表が誘拐疑惑

  2. ロシアのバーガーキングが自社で暗号通貨を発表

  3. ビットコイン取引所Coincheck、日本円での信用取引開始

  4. 英国Barclays、ビットコインでの寄付受付を開始

  5. ビットコイン価格の下落に影響を受けず、ハッシュレートは上昇

  6. 中国のマイニング禁止とその実情

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か

ニュース

BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備