ニュース

ノルウェーでも、デジタル通貨開発検討

ノルウェーの中央銀行、ノルウェー銀行は現金を補助するためのものとして利用する、独自のデジタル通貨発行の検討をしている。

世界各国でキャッシュレスを促すため、制裁を回避するため、各国の抱えている問題に応じて、それを解決する手段としての開発検討、開発が行われている。今回のノルウェーでは開発検討となるが、中央銀行がデジタル通貨を発行することで生まれる効果、及ぼす影響、市場の変化など、様々な観点からの調査がなされるのだろう。

スイスでも同じように政府が発行するデジタル通貨を導入した際の危険性と可能性を調査するよう求めている。日本では独自通貨、デジタル通貨の発行検討はされていないが、ブロックチェーン技術や暗号通貨の活用についての研究は日本銀行と欧州銀行が協力して行っている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(9/6)のニュースまとめ

  2. Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様

  3. 韓国はビットコインを通貨と認めず

  4. 『南米のeBay』と呼ばれる企業、ビットコイン関連プラン発表

  5. IBM医療データ管理にCDCとパートナーシップ

  6. 欧州委員会がブロックチェーンを評価

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場