ニュース

ブロックチェーン企業立ち上げに最適な国

ブロックチェーン技術のカンファレンス、ブロックショー・ヨーロッパ2018の中で行われた、ブロックチェーン企業に最も適している欧州10ヵ国の発表で、スイスが1位、ジブラルタル、マルタがそれぞれ2位と3位となっていた。

この研究はICOの規制や暗号通貨の決済に関する規制、などの様々な観点から調査しランク付けしたもので、欧州の48ヵ国が対象となっていた。スイスはもともと中立国であることや国の体制から金融において世界でも重要な位置を占めていることも暗号通貨業やブロックチェーン業が入り込みやすい要因となっているのではないだろうか。そしてそうした性質だけでなく暗号通貨は部を設け、規制も成長に寄り添ったものと暗号通貨に対して友好的な国として知られている。ジブラルタルやマルタも明確な規制、暗号通貨やブロックチェーン技術に対する理解を政府が持っていることが企業を惹きつけている。

この調査は残念ながら欧州諸国のみが対象となっているが、世界規模で行ったとしたらどの国が上位にランクインするのだろうか。規制が厳しくとも援助を行っている中国か、暗号通貨やブロックチェーン技術に対しても肯定的なアメリカか、また、キャッシュレスを目指し規制緩和に動き出している韓国、フィンテックの最先端を行くイスラエル、と様々な国が浮かぶ。日本は果たしてどういった立場を目指していくのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. SNS大手の暗号通貨広告禁止に対する訴訟

  2. コインベース、1億ドル規模のEarn.com買収を発表

  3. 野村證券、ブロックチェーンの研究開始

  4. フランス中銀がブロックチェーンの実証実験を実施

  5. 投資商品の種類【初心者向け】

  6. Zaifの余波続く

PAGE TOP

ニュース

SBI HD・FPT,Utopへ約3億円の出資[ベトナムでのポイントシステム]

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]