ニュース

制裁回避手段として暗号通貨利用

以前よりベネズエラ政府によって発行されていた暗号通貨ペトロが制裁回避のためのものだと指摘されていたが、これからアメリカによる制裁が行われると予想されているイランと西側による制裁が行われる予定のロシアは、この制裁回避の為に暗号通貨を本格的に利用する可能性が浮上している。また、こうした制裁を受けるという同じ立場、状況から領国は協力関係を結ぶこととなり、両国間での貿易では暗号通貨が使われることも予想される。

この両国では暗号通貨だけでなく、ブロックチェーン技術の開発も行っており、イランは国際銀行システムを利用することなく25億ドルもの資金を暗号通貨で国外送金することに成功している。ロシアでも独自通貨の研究は進められており、2019年中に完成するとされている。

ロシアの暗号通貨規制状況→https://coinsforest.com/p/9479/ イランの規制状況→https://coinsforest.com/p/9541/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(6/27)のニュースまとめ

  2. コインチェック、13日にも日本円の出金再開と

  3. 今後の「5年間」で暗号通貨を取り巻く世界は大きく変わる

  4. 日本の暗号通貨関連団体[一覧]

  5. マイニング工場、騒音被害で閉鎖か

  6. 仮想通貨マイニング業者に電力提供をしない企業が現れた

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]