ニュース

スイス政府、自国発行デジタル通貨の検討・調査

スイス政府の連保参事会は自国発行のデジタル通貨を導入した際の利点と欠点についての報告を求めた。

スイス以外にも自国でデジタル通貨を発行しようという取り組み・検討は行われている。最もキャッシュレスが進んでいるスウェーデンでも自国のデジタル通貨発行が検討されている。今回連邦参事会は実際に通貨を使用した際の法的、金融的の両方でどういった変化が起こる可能性があるのか、またこのデジタル通貨の導入によってどのようなことがもたらされるのかを明確にするべきだとして調査を求めている。

スイス最大の銀行UBSでは暗号通貨は透明性に欠けていて悪用されやすいため、厳格な管理・規制が必要だとして同行が暗号通貨の取引サービスを提供することを否定している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ライトコインキャッシュは市場に受け入れられるのか

  2. 中国政府、ICOの殲滅の動き

  3. スクエアのドーシーCEO、BTCは10年後単一通貨に

  4. マイニングに必要なものとは[初心者向け]

  5. 【超高額!!】不動産物件をBTCで売り出す

  6. オタクコイン準備委員会、ブロックチェーンに精通した専門家らが参画

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲