ニュース

マネックスグループ、暗号通貨事業で海外進出検討

国内大手取引所コインチェックの経営再建を務めるマネックスグループは、海外の顧客基盤を活かし暗号通貨のクリプトアセット部門の海外事業拡大の考えを示した。

マネックスグループはアメリカに本拠を置き、オンライン証券での取引数、取引口座数ともに大幅増加しており、波に乗っている。同グループのCEO松本氏は暗号通貨の法的な枠組みについて慎重に調査していることを述べ、海外進出の意欲を見せた。

同グループのコインチェック、暗号通貨取引所の買収を受け同グループの株は大幅に上昇しており、これだけでも信用できる会社での暗号通貨取引がどれほど求められているかがわかる。実際に松本氏は今年のGW中にニューヨークやボストンでの滞在中、暗号通貨・ブロックチェーン技術関係者と会い情報を得ているようで、その需要を実感したのではないだろうか。

また、マネックスグループだけでなく最大手のゴールドマン・サックスでも暗号通貨トレーディングセスクが開設されるなど、各金融業界での暗号通貨事業への参入の動きが活発になっている。金融庁の認可を受けている取引所の中も不穏な動きがある現状では、世界的な信用を得ているところで安全に取引したいという考えの人も多いだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. テックビューロ、COMSA CORE公開[ICO]

  2. Ripple社、新たな提携

  3. SECに忠実な取引所Coinbase、XRPの上場発表

  4. 韓国大手取引所ビッサム、国内8,000店舗で仮想通貨決済の導入目指す

  5. 大手金融グループ、住宅ローン証券の追跡にブロックチェーン技術の導入

  6. インドのブロックチェーン技術の躍進

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]