ニュース

みずほFG,ブロックチェーン技術に本格介入

株式会社みずほフィナンシャルグループはOmise Japan株式会社が設立するブロックチェーンコワーキングスペースにスポンサーとして入居し、さらにブロックチェーン技術の研究開発を行っていくことを発表した。

今回の取り組みはみずほが本格的に商業利用するために行う研究開発で、停滞している日本のブロックチェーン業界において大きな影響を与えるものになるのではないだろうか。このコワーキングスペースに常駐することで他のスポンサーや入居者ら、各専門家とブロックチェーン技術の実用化に向けた新たなビジネスの開発に取り掛かる。

ブロックチェーン技術は金融業界、医療業界での活躍が目立っているが他の業界においても活用されることが予想されており、今後インターネットのように誰もがかかわる技術とされている。企業だけでなく国規模で注目され研究が進められているこの技術を同グループはどう活用していくのだろうか。

みずほFGの公式→https://www.mizuho-fg.co.jp/release/pdf/20180518_2release_jp.pdf

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. xRapidの本格始動に期待が高まる

  2. クロスチェーン技術とは[初心者向け]

  3. 無視できない暗号通貨の成長

  4. 非中央集権は幻想か

  5. アラブ首長国連邦もブロックチェーン技術戦略発表

  6. Steam、マルウェアが仕組まれたゲーム削除

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み