基礎知識

【初心者向け】ICOとは

暗号通貨が認知され、日本でも取引所だけでなく実際に出向いて相談や説明を受けることができる窓口の開設もされている。そんななか、「儲けられるICOがある」「価値が10倍になる」「絶対利益が出る」などと夢のような説明を受ける人も多いという。そんな夢のあるICOとはいったい何なのか、被害にあう人が一人でも減るよう説明させていただく。

そもそもICOとはInitial Coin Offeringの略称で、プレセールともクラウドセールとも呼ばれる。株でいえば新規株式公開、コインを初めて一般的に公開することだ。このICOは今までの資金調達(株)と異なり、厳しい審査を受けずとも世界中から暗号通貨を通して資金を調達することが可能となる。今までの資金調達では歴史の浅い企業(中小企業も同様)では審査を通るのが難しかったが、このICOではその事業に対して賛同が得られれば多くの資金援助を受けることができ、また国内ではなく全世界という大規模な場での資金調達が容易に行えるという革命的な資金調達法である。

・ICOの種類 一言にICOといってもICOには種類がある。代表的なのはイーサリアムのような、何らかのプロジェクト・事業のための資金調達が目的のICO,そして通貨として広く使われ価値を持つことを目的にしたICO,さらには資金調達の枠組みを作るためのICOと様々な目的がある。

・ICOのメリット そのICOの何がいいのかといえば調達する側つまりコインの発行者は上記で述べた通り、今までの審査なくより多くの人から資金を集められ、また証券のように仲介会社を挟まず投資家からそのまま資金を得ることができる。また、この発行者が将来性のあるプロジェクトを持っていると判断されればいいので、開発前でも実績がなくとも資金を調達することができ、また世界規模での資金調達であるため短期間での多額の資金調達が行える。と、発行者がわからすると多くのメリットが存在する。また投資を行う側としても、例えば通貨の価値を挙げることを目的としたICOの場合、まだ世界で普及していない通貨であるために非常に安価な価格での通貨の購入が行え、また株投資のような大きな資産でなくとも少額での投資が可能と非常に手軽なものとなっている。また、そのプロジェクトを支援したい場合、仲介会社に取られることなく直接援助できるといったメリットがある。

・ICOのデメリット だがICOは上記の通り審査はなく簡単に資金調達を行える、つまりそれが信用できるものであるか、詐欺ではないという情報を集めることが重要となる。現段階ではICOに対する法整備が整っていないために、ICOには基準が存在しない。そのため責任や補償というものが存在しない。ICOで多額の資金調達を行った後に持ち逃げするということもあり得るのだ。実際にそういった詐欺は何件も存在し、大きなもので707億円の被害を出している。

これらのことからICOは革新的で将来性のある新企業を育てていくには最適で革新的な資金調達法でありながら、容易に手を出すものではないとわかる。もし知人に「このICOどう」と勧められても、自分で実際にそのサイトから情報を得る、暗号通貨メディアで調べる、などの情報収集が必要だ。それで自身がそのICOを魅力的だと感じたのであれば自己責任で投資を行えばいい。ただ、根拠もなく「有名人が進めているから」「利益を保証しているから」などといった将来性も実用性もない、唯一混じり気のない嘘だけで出来ているICOには十分注意してほしい。ICOは金儲けのためのものではなく、投資だ。そしてその環境は決して良くないのですべての情報は鵜呑みにせずに、疑って1つの情報サイトだけでなく、いくつもの評判・意見を集め、十分に内容を理解してから手を出すようにしていただきたい。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ブロックチェーン技術とは

  2. 暗号通貨に関する法規制[改正資金決済法]

  3. 暗号通貨の管理から確定申告まで[利便性向上]

  4. 投資を安心して行うには[絶対に注意しておくこと]

  5. 安全にインターネット利用するために

  6. 金融庁の目指すもの

PAGE TOP

ニュース

LastRoots、3.5憶円の第三者割当増資[引受先はオウケイウェイヴ]

ニュース

マネーパートナーズグループ、暗号通貨交換業を主目的とした子会社設立へ

ニュース

金融庁、新たに2社を仮想通貨交換業者として登録[新規業者が登録完了]

ニュース

昨日(3/25)のニュースまとめ

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…

ニュース

取引所Binance、第3弾となるICOトークン[CELR]上場