ニュース

PoWよりPoSって本当?

MONAコインのブロックチェーン攻撃を受け「PoWはだめ」「PoSが1番」という意見も聞かれるが、果たしてPoSは安全なのだろうか。今回はPoSについて解説する。PoWについては以前記事を書いたのでそちらを参考にしていただきたい。

PoSとはProof of Stakeの略でコインの保有量や保有年数に応じて承認される仕組みをさす。つまり保有に応じて承認がなされ、新規発行通貨が得られる仕組みとなっている。持っているだけ金利が高くなるということだ。保有量・保有年数が多いほど承認権を得る仕組みである。長く保有している人や多く保有している人は、自らその通貨の価値を下げるような行いはしないだろう。そのため、より通貨の価値を挙げるように公正な承認が行われるだろうという考えからできており、PoWの改善策として考案されたものとなる。

しかし、この場合保有量・保有年数が多い人に資産が集まり偏ってしまうという問題点もある。そのため、このPoSではPoWにCoin Age(保有量×年数)という概念を加えたもの、つまりCoin Ageが大きいほどマイニングがしやすくなるが成功するたびにその値が減り、成功者の偏りを防ぐという方法と、全くのランダム承認だが保有量に合わせて報酬を得られる確率が上がる方法がある。この場合はみんな同じ承認権をめぐってくじを引くが、その保有数に比例してくじを引く回数が増えるという方法になっている。だが、やはり保有量が多い人ほど承認しやすいという状況であるため通貨の流動性が損なわれるという問題点もある。

ただ、PoWのようにマイナーが減少した際に起こる51%攻撃や、承認のための計算による莫大な電力消費といった問題を改善するという点で認められている承認方法でもある。PoWではマイナーが減った際に過半数を圧倒して攻撃するということも考えられるがPoWでは保有量が承認において必要なため、まず攻撃を行う際に大量の通貨を保有するという費用が掛かり、さらに攻撃した際その通貨の信用は下がり、通貨の価格は落ちて利益が得られない、ということから攻撃されにくいのではと考えられている。ただ、十分な検証がされている技術ではないためPoWよりも安全、とは言えず今後採用していくことで浮上する問題点もあるだろう。「絶対」的な安全は何処にも保障されていないので、警戒心を持って、自己責任で取引を行うほかないだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. bitFlyer出入金遅延,数日たっても反映されず

  2. イングランド銀行総裁がBTC批判

  3. 「SPINDLE」詐欺疑惑の実体と運営会社のミス

  4. プレイボーイがウォレットビジネスへ

  5. Coinbase,ビットコインキャッシュで大儲け?

  6. 北朝鮮ハッカーがビットコインを盗んだと確認

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か

ニュース

BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備