ニュース

ビットフィネックス、顧客に課税情報要求

世界第4位と大手の暗号通貨取引所のビットフィネックスは特定の顧客に対して課税情報を提供するように要求した。この情報は政府に提出するためのものだとみられている。

この要求は同取引所を利用するすべての顧客に対して行われたことではなく、同取引所が情報開示する必要があると判断したものに対してのみ行われている。今までの各取引所でも行われたこの取引所の動きから、情報開示要求をされた顧客は取引回数や取引額の多いものだと予測される。

ビットフィネックスはイギリスのバージン諸島に拠点を置いている。個々の法律では特定の情報を政府に報告する義務があり、今回の情報開示要求はこの政府に提出するためのものだろう。この情報開示要求がされたのは個人だけでなく、企業も含まれる。またこの情報開示の際の手順はアメリカ居住者であるか、アメリ国民であるかによっても変わるようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 行政にブロックチェーン技術導入[韓国]

  2. エチオピア、農業にブロックチェーン技術活用

  3. 編集できるブロックチェーンを開発できるか、アクセンチュアの野望

  4. 投資会社ブラックロックは仮想通貨に肯定的

  5. コインチェック、アフィリエイト緊急停止。警察捜査も。

  6. 仮想通貨の創業者を名乗り仮想通貨を要求

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み