ニュース

ウイルス対策ソフトを強制終了させるマルウェア

他人のコンピュータなど計算の力を持つ機器を勝手に利用してマイニングを行うクリプトジャッキングのマルウェアに約50万台のコンピュータが3日間乗っ取られ、その間にモネロ(XMR)を約2.5万ドルマイニングした。

このクリプトジャッキングのマルウェアは勝手にマイニングをするだけでなく、ウイルス対策のソフトを検出するとそのコンピュータを強制的にクラッシュ、つまり異常終了や作動できなくするようにできている。以前にもこのマルウェアによる被害の記事は掲載したが、その時よりもマルウェアは確実に進化しているようだ。今回のマルウェアではウイルス対策ソフトがこれを取り除こうとしても、マルウェアが対策ソフトの存在に気付いた瞬間に動作を止めてしまうため除去することが非常に困難になっている。

マルウェアは大学などの教育機関、開かれていて対策が強固でないところに集中しているという研究結果も出ている。こうしたマルウェアが出た場合、どう対処すればいいのだろうか。対策ソフトを入れてもそれが機能できないようにされ、そのマルウェアは何処に潜んでいるのかわからない。ただ、現段階ではアバストなどの有名なウイルス対策ソフトがあれば、このマルウェアは自動的に終了するようだ。

関連記事

  1. 「回答していただければ報酬渡します」

  2. インドでCBDCの発行検討を正式発表

  3. 7月のイベント

  4. 価格150%引上げ、募るペトロへの不信感

  5. 欧州の仮想通貨取引所大手Bitstamp、売却へ

  6. XVGが2度目の51%攻撃受ける

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]