ニュース

PoWとは?

コンセンサスアルゴリズムの一種PoW (Proof of Work)、つまり作業による承認、マイニングによる承認について説明する。

マイニングとは簡単に言ってしまえば、取引記録を記録する作業のことだ。そしてこのマイニング時に生成したブロックを過半数のノードに承認されることで正当なブロックとして記録される。(詳しくはマイニングとは→https://coinsforest.com/p/10810/)

こうしてノードが多数決で承認した合意形式(コンセンサス)で台帳への記録が行われている。そのため、マイニングに携わる人が多ければ多いほど、偏った承認は行われずに透明性のある承認ができるといえる。そしてこの取引作業をした報酬として新規のコインをもさえるという仕組みがPoWとなる。

このPoWではマイニング数、ブロックが多いほうが正しいという承認になるためもし、悪意のある攻撃を行う場合、正規のマイナーよりも早い速度で多くのブロックを生成しなければならない。つまり、世界中にいる多くのマイナーを出し抜く必要があるため、悪意のある攻撃はしにくいとされていた。

しかし、よく考えてみればわかるようにマイナーの数が減ってしまえば、その過半数を悪意ある攻撃者で占めてしまうことも可能なのだ。つまり通貨の価値があっても半減期による報酬の低下であるとか、他の通貨が注目され急激にマイナーが減った時点で攻撃を仕掛けることが可能になるのだ。また、こうした攻撃だけでなくPoWはマイニング量による承認であるために莫大な電力がかかるという環境面での問題も指摘されている。

 

↓↓関連記事↓↓

 

関連記事

  1. 日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

  2. QUOINE、海外子会社で大規模ICO

  3. 日本法人設立に動くBinance

  4. 世界初、トークン交換のための通貨【PR記事】

  5. 1週間(8/19~8/26)のにゅーすまとめ

  6. インドのブロックチェーン技術の躍進

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]