ニュース

モナコインで話題のPoWとは?

先日、モナコインが「ブロックの巻き戻し」攻撃により、被害を受けた。その被害額は1000万円相当と相当な被害額となっている。

この被害は何もMONAのセキュリティが甘い、だとかウイルスによる鍵の盗難によるものではない。そしてこれは承認方法としてPoWを採用している通貨には平等に今回のような攻撃を受ける危険性があるのだ。さて、今回はそのPoW (Proof of Work)つまり作業による承認、マイニングによる承認というについて説明する。

まず、前提としてマイニングの説明をする。マイニングとは取引の記録作業を行うことで、記録の塊であるブロックを生成することをさす。このマイニング作業を行う人がマイナーと呼ばれる。そしてマイニングの際の報酬だが、これはブロックを生成したものに与えられる。ブロックは条件に当てはまる数値を導き出すことが必要で、その値を求めるために計算機(CPUやGPU)を使って求める。そして値を求めブロックを生成するわけだが、この生成した際にほかのノード(見てる人)による承認作業が行われ、この過半数のノードに承認されることで正当なブロックとして記録される。こうしてノードが多数決で承認した合意形式(コンセンサス)で台帳への記録が行われている。そのため、マイニングに携わる人が多ければ多いほど、偏った承認は行われずに透明性のある承認ができるといえる。そしてこの取引作業をした報酬として新規のコインをもさえるという仕組みがPoWとなる。

このPoWではマイニング数、ブロックが多いほうが正しいという承認になるためもし、悪意のある攻撃を行う場合、正規のマイナーよりも早い速度で多くのブロックを生成しなければならない。つまり、世界中にいる多くのマイナーを出し抜く必要があるため、悪意のある攻撃はしにくいとされていた。

しかし、よく考えてみればわかるようにマイナーの数が減ってしまえば、その過半数を悪意ある攻撃者で占めてしまうことも可能なのだ。つまり通貨の価値があっても半減期による報酬の低下であるとか、他の通貨が注目され急激にマイナーが減った時点で攻撃を仕掛けることが可能になるのだ。また、こうした攻撃だけでなくPoWはマイニング量による承認であるために莫大な電力がかかるという環境面での問題も指摘されている。

実際にこのPoWはモナコインだけでなくBTCも採用している承認方法となっている。PoWを採用しているMONAで起きたということは当然、他のPoWを採用しているコインでも起き得る攻撃だということだ。しかしこれを恐れてそれらのコインからマイナーが撤退すれば今まで以上に過半数を取ることは容易になり、攻撃しやすくなるのだ。ただ、PoWを採用しても入金時の承認回数を挙げるなどの対策もある。今回のことでPoWが駄目だとするのではなく、それをどう利用していくか、対処法などの議論を進めていくことが必要だ。

MONAの事件について→https://coinsforest.com/p/10105/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ニューヨーク州のBitLicense、22の申込を受付

  2. GMO子会社が「仮想通貨FX」開始24日から

  3. イングランド銀行総裁がBTC批判

  4. サークル社がポロニエックスを買収

  5. SBIリップルアジア、証券にDLTを導入

  6. 証券業界がブロックチェーン技術活用のために徒党を組む

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か

ニュース

BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備