ニュース

TwitterCEO,「暗号通貨は未来の決済手段」

TwitterCEOのJack Dorsey氏は「暗号通貨は未来の決済手段だ」とConsensus2018で発言した。

同氏はTwitterだけでなく、e-mailでのP2P決済やモバイル決済を提供する企業、SqaureのCEOでもある。現在、Sqaure CashアプリではBTC決済も取り入れられており、さらに今以上に早い送金・決済ができるようなアプリを目指している。また同アプリは銀行口座を持たない人にとっての重要な金融サービスとしての支持も得ているため、今後そういった決済だけでなく金融プロジェクトの分野での課初をしていくようだ。ブロックチェーン上での決済を瞬時に行うことが可能になる、ライトニングネットワーク技術を開発する組織、ライトニング・ラボ社のCEOからのインタビューでJack Dorsey氏は「BTCが未来の決済手段となるかはわからないが、そうなってほしい」と願望を述べ、そして企業や政府はBTCなどの非中央集権型の暗号通貨を所有すべきではない、と述べた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 中国大手Huaweiがブロックチェーン技術を活用し保険サービスへ

  2. 英国首相、仮想通貨を薬物ブローカーの資金洗浄に使われ規制強化へ

  3. EUで暗号通貨の犯罪に罰金を検討

  4. 世界、証券のトークン化へ進む

  5. ドイツ・ハノーファーにてビットコインで公共料金の支払いが可能に

  6. 日本自主規制団体、内部関係者の情報漏洩・匿名通貨の扱い禁止

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ