ニュース

Apple共同設立者、暗号通貨を肯定

Apple共同設立者スティーブ・ウォズニアックが暗号通貨、ブロックチェーン技術に対して初めて肯定的な意見を述べた。

多くの分野での問題解決手段としてブロックチェーン技術が利用されていることを受け、同氏は10年以内に暗号通貨、ブロックチェーン技術の潜在能力は発揮されるだろうという考えを述べ、BTCは世界の単一通貨となると述べている。また、その考えと価格を気にしたくないという理由からBTC以外の保有していた全ての暗号通貨を売却している。

同氏は「ブロックチェーンは起こりつつある次のIT革命だ」と述べ、ブロックチェーンのこれからの可能性を肯定した。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっ…

  2. 注目のMr.Exchange

  3. BTC取引のシェア、90%から1%へ減少

  4. マウントゴックスの破産管理人、ビットコイン約382億円相当を売却

  5. アリババ、ロシアでの独占狙う

  6. 国内大手企業、ブロックチェーン開発PJに参画

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ