ニュース

ロシア初、債券取引をブロックチェーンプラットフォームで

ロシア最大手の銀行、スベルバンクの子会社スベルバンクCIBは、ロシアで初めてブロックチェーンを利用したコマーシャルボンドの取引を行った。

コマーシャルボンドとは企業が発行する無担保の確利付証券(債券)のことで、店頭取引市場で取引される。今回の取引では社債と資金の交換を同時に行う完全な、証券と資産同時決済(DVP決済)にブロックチェーン技術を用いた。この取引に関わる会社だけがブロックチェーンプラットフォームへのアクセス権を取得することで、取引時の透明性を確保しながら機密性も確保できた。また取引の各参加者らはオンライン文書でやり取りし、リアルタイムで取引状況を追跡することが可能となっていた。

この取引についてスベルバンクCIB代表のブランツェフ氏は「取引におけるブロックチェーンプラットフォームの信頼性、安全性そして効率性を確認できた。債券のような複雑な仕組みの取引だけでなく経済環境を変える可能性を持つ」と述べ、ブロックチェーンプラットフォームの可能性に関心を示した。

ロシアはブロックチェーン技術の研究開発に力を入れてきたが、近年では暗号通貨、ICOに対する法規制の取り組みも積極的に行われている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 日本金融機関、海外送金を大きく変える

  2. Binance、韓国市場参入

  3. リップル、大学の暗号通貨関連教育支援

  4. フランス、暗号通貨税率を45%から19%へ

  5. 北朝鮮、2017年に11,000ビットコインを奪取か

  6. XRPのペーパーウォレット作成方法

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]