ニュース

bitFlyer、新たなサービス

bitFlyerは同取引所で扱っている暗号通貨の価格情報(BTC/USD,BTC/EUR)の配信を開始した。この情報は企業や専門家向けの情報を提供する、世界100か国以上で事業展開をしているトムソン・ロイターが提供するもの。Elektron Data PlatformまたはカスタマイズされたAPIで利用できる。今後この価格情報の対象暗号通貨は追加していく予定のようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 警察、暗号通貨技術学習プロジェクト[イギリス]

  2. 暗号通貨担保、USDCを採用

  3. アメリカがビットコインに対する州法を統一していくのか

  4. 1.9億円詐欺の指示役、逮捕か

  5. NY当局が暗号通貨業者13社に情報開示要求

  6. 【ゴールドマン・サックス】仮想通貨バブルが崩壊しても問題ない

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ