ニュース

bitFlyer、新たなサービス

bitFlyerは同取引所で扱っている暗号通貨の価格情報(BTC/USD,BTC/EUR)の配信を開始した。この情報は企業や専門家向けの情報を提供する、世界100か国以上で事業展開をしているトムソン・ロイターが提供するもの。Elektron Data PlatformまたはカスタマイズされたAPIで利用できる。今後この価格情報の対象暗号通貨は追加していく予定のようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. XRP(リップル)への注目が高まる

  2. 暗号通貨管理の究極法とは?!

  3. RippleTrade、本人確認書類提出期限を10月30日に延期

  4. 広告業界でもブロックチェーン技術活用

  5. コインベース、インサイダー疑惑含め2件の訴訟に直面

  6. NBAチームでも?!マイニングで慈善活動

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]