ニュース

bitFlyer、新たなサービス

bitFlyerは同取引所で扱っている暗号通貨の価格情報(BTC/USD,BTC/EUR)の配信を開始した。この情報は企業や専門家向けの情報を提供する、世界100か国以上で事業展開をしているトムソン・ロイターが提供するもの。Elektron Data PlatformまたはカスタマイズされたAPIで利用できる。今後この価格情報の対象暗号通貨は追加していく予定のようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. リップル、大学の暗号通貨関連教育支援

  2. FATF、規制に対して本格的に動き出す

  3. 韓国で20代男性が自殺、仮想通貨投資失敗が原因か

  4. 1週間(5/13~5/19)のニュースまとめ

  5. 日本円を担保にしたステーブルコイン発行へ

  6. マカオ、暗号通貨に対して警告

PAGE TOP

ニュース

OSCE、中央アジア諸国と情報共有[取締機関での協力体制]

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

ノアコインを所有しているのですが…[コインの森なんでも相談]

ニュース

マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]

ニュース

FCoin、再開計画に関する協議を発表[時間稼ぎが目的?]

ニュース

JCCA,消費実態調査公表[使い分け派をキャッシュレス派へ]

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

みずほ「個人向けデジタル社債」提供へ[ブロックチェーン]