ニュース

bitFlyer、新たなサービス

bitFlyerは同取引所で扱っている暗号通貨の価格情報(BTC/USD,BTC/EUR)の配信を開始した。この情報は企業や専門家向けの情報を提供する、世界100か国以上で事業展開をしているトムソン・ロイターが提供するもの。Elektron Data PlatformまたはカスタマイズされたAPIで利用できる。今後この価格情報の対象暗号通貨は追加していく予定のようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認め…

  2. BCCCがトークンエコノミー部会新設

  3. モナバコにBCH対応!!

  4. 取り締まり強化に動くSEC,規制緩和に動く議員

  5. 昨日(10/3)のニュースまとめ

  6. 拡大するブロックチェーン市場、日本の動き

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]