ニュース

モナコインへの攻撃について

今回モナコインが攻撃によって取引所からモナコインが消えた。日本の取引所での被害の確認はされていないが、現在判明している被害額は1,000万円相当だ。これは一体どういうことなのだろうか。簡単に説明する。

まず今回の攻撃は決してウイルスによるパスワードの盗難といったセキュリティを破るものではなく、システム上の弱点を狙ったものということだ。これについてはモナコイン公式がツイートしている。今回の攻撃は承認方法PoWであるが故に行われたものだ。

このPoWでは働いた分だけ、つまりブロック数が多いほうが正しいということになる。今回のモナコインでは主流のブロックに隠れて他のブロックを採掘し、チェーンが主流より長くなった際に攻撃者はモナコインを取引所に入金し、他のコインと交換し引き出す。こうして自分の利益を確保した後に、隠していたブロックを露わにする。そうすると当然長いほう、攻撃者のチェーンが正しいとされ、今までの主流のチェーンは切り捨てられる。また、今までのチェーンが消えるということは、そこまで承認され発行されていたモナコインも消えるということだ。これが取引所からモナコインが消えた理由となる。

これはPoWであれば起きることが予想される問題でもあるのだが、モナコインはブロック採掘難易度を1ブロックごとに調整する使用があるために、その難易度が低い時に攻撃すれば比較的簡単に行えるとされる。モナコイン公式では、この攻撃を受けて承認方法をPoS(Proof of Stake、保有量・保有年数による承認)へ移行する考えを示している。

モナコインTwitter→@tcejorpniocanom

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. アメリカ証券取引委員会は仮想通貨ファンドも調査へ

  2. ブロックチェーンでの電子取引を合法へ = アメリカテネシー州

  3. NY証券取引所親会社がBTC市場に参入

  4. EOS、一時停止するも5時間で問題解決

  5. サイバーエージェント、独自通貨発行の方針

  6. インドのICIC銀行250社にブロックチェーンプラットフォーム参加要求…

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ