取引所

BIT POINT、住信SBIネット銀行を追加

ビットポイントジャパンでは5月19日のシステムメンテナンス終了後から、即時入金サービス提携金融機関に住信SBIネット銀行が追加される。

また今後も対応銀行は拡大していく予定であり、今回の住信SBIが追加されることで、即時入金の提携金融機関はジャパンネット銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行の3行となった。

またビットポイントマレーシアが5月17日からサービスを開始した。マレーシアでは暗号通貨への規制取り組みが比較的早く、投資家保護の環境も整っている。東南アジアでの暗号通貨に対する規制は全体的に厳しい状況だが、こうした厳しい状況でも認可が下りたことは、今後他国へ進出する際に大きな利点となるのだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ポーランド最大取引所、マルタへ移転予定

  2. Binance、ウォレットサービス

  3. Bithumb、商業銀行との契約更新できず

  4. コインチェックから流出したNEM、アメリカの大手取引所へ

  5. 配当還元型の取引所トークン[注目]

  6. Mr.Exchangeが人材募集

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ