ニュース

ロシア、暗号通貨規制の目標

ロシアがデジタルエコノミーの基本的な規範をロシア連邦民法典に追加する。これにより、ロシア国内での暗号通貨規制は軸を得、進めやすくなった。

立法委員会委員長のクラシェニンニコフ氏は「犯罪で得た収入の合法化、テロ集団への援助、脱税などの既存リスクを最小限に抑えることがこの構想の狙いだ」と述べた。

この検討で暗号通貨やデジタル通貨が違法な支払い手段となることはなく、むしろ規制を設けることでデジタル通貨を使用しての犯罪を防止することを目指している。そのために使用するための条件などが定められるようだ。

また、ICOに関しても同様に法規制を作り、犯罪利用できないような環境を作る。3月の時点で暗号通貨とトークンを公認の暗号通貨取引所でのみ取引できる資産と定義し、資金洗浄・テロ支援利用防止のための顧客情報提示など徹底していたロシアだが、これから、どういった規制をとり犯罪利用を防ぐのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. IMF専務理事が、仮想通貨の「ダークサイド」を批判

  2. トランプ氏の当選でビットコインが高騰

  3. 【直近安値が良い形!】ビットコイン4時間足分析結果

  4. シンガポール政府と銀行がブロックチェーンをテスト

  5. 昨日(10/11)のニュースまとめ

  6. 米英政府機関ウェブサイトにも仮想通貨採掘マルウェア仕組まれる

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ