ニュース

Amazon、AWSがKaleidoの提供

Amazon Web Services(AWS)はConsenSysと提携してブロックチェーンクラウドプラットフォーム、Kaleidoの提供を行う

このKaleidoとはブロックチェーンビジネス向けのサービスで、企業や利用者がブロックチェーン技術に関する専門的な技術を学ぶことなく利用できるサービスの提供を目指している。これにより、企業は専門的な技術なくETH上のブロックチェーンを基にしたプラットフォームを作り、管理することができるようになるのだ。

この提携についてAWSのリーダーは「提携することで顧客のニーズをさらに理解し、ブロックチェーン技術への取り組みを促進することが可能となる」と述べた。今回のこの提携はニューヨークで開催されたConsensus2018にて発表された。

Amazonはこのブロックチェーン技術に2016年から関心を示しており、そのせいかXRPなどとの提携もたびたび話題となる。4月にはイーサリアム、Hyperledger Fabricプロトコルで使用できるサービスも発表している。ただAmazonは特定のプロとコスに依存する気はないと強調しており、様々なプラットフォーム、プロトコルでの提携、サポートを行っている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 韓国最大手取引所Bithumbが今年中にICO実施

  2. 金融庁が仮想通貨事業者に業務停止命令

  3. 東南アジア最大手取引所にXRP上場!!

  4. ビットコインで市民権購入可能に!?

  5. 日本自主規制団体、内部関係者の情報漏洩・匿名通貨の扱い禁止

  6. オランダ、韓国に続きオーストラリアでも

PAGE TOP

ニュース

取り締まり強化に動くSEC,規制緩和に動く議員

ニュース

BitGo、OTC業者と提携[機関投資家への流動性]

ニュース

Binance、欧州市場へ[サポート地域に日本の名称]

ニュース

昨日(1/17)のニュースまとめ

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入