ニュース

Amazon、AWSがKaleidoの提供

Amazon Web Services(AWS)はConsenSysと提携してブロックチェーンクラウドプラットフォーム、Kaleidoの提供を行う

このKaleidoとはブロックチェーンビジネス向けのサービスで、企業や利用者がブロックチェーン技術に関する専門的な技術を学ぶことなく利用できるサービスの提供を目指している。これにより、企業は専門的な技術なくETH上のブロックチェーンを基にしたプラットフォームを作り、管理することができるようになるのだ。

この提携についてAWSのリーダーは「提携することで顧客のニーズをさらに理解し、ブロックチェーン技術への取り組みを促進することが可能となる」と述べた。今回のこの提携はニューヨークで開催されたConsensus2018にて発表された。

Amazonはこのブロックチェーン技術に2016年から関心を示しており、そのせいかXRPなどとの提携もたびたび話題となる。4月にはイーサリアム、Hyperledger Fabricプロトコルで使用できるサービスも発表している。ただAmazonは特定のプロとコスに依存する気はないと強調しており、様々なプラットフォーム、プロトコルでの提携、サポートを行っている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 業務改善命令を受けて、役員辞任

  2. 電子機器大手フィリップス、暗号通貨技術利用を模索

  3. ロシア政府はブロックチェーンを活用

  4. アメリカ財務長官「仮想通貨がスイスの銀行口座にならないように」

  5. 大和証券も!暗号通貨取引市場参入の意欲

  6. ノルウェーでも、デジタル通貨開発検討

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ