ニュース

Amazon、AWSがKaleidoの提供

Amazon Web Services(AWS)はConsenSysと提携してブロックチェーンクラウドプラットフォーム、Kaleidoの提供を行う

このKaleidoとはブロックチェーンビジネス向けのサービスで、企業や利用者がブロックチェーン技術に関する専門的な技術を学ぶことなく利用できるサービスの提供を目指している。これにより、企業は専門的な技術なくETH上のブロックチェーンを基にしたプラットフォームを作り、管理することができるようになるのだ。

この提携についてAWSのリーダーは「提携することで顧客のニーズをさらに理解し、ブロックチェーン技術への取り組みを促進することが可能となる」と述べた。今回のこの提携はニューヨークで開催されたConsensus2018にて発表された。

Amazonはこのブロックチェーン技術に2016年から関心を示しており、そのせいかXRPなどとの提携もたびたび話題となる。4月にはイーサリアム、Hyperledger Fabricプロトコルで使用できるサービスも発表している。ただAmazonは特定のプロとコスに依存する気はないと強調しており、様々なプラットフォーム、プロトコルでの提携、サポートを行っている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 米ムーディーズ「BTC先物上場」でCMEやCboe格付けに影響なし

  2. インドのICIC銀行250社にブロックチェーンプラットフォーム参加要求…

  3. インドの取引所でBTCが消える

  4. 野村ホールディングスも、サービスに向け研究開始

  5. Mt.GOX事件、警視庁が一年かけてデータ解析

  6. インドの中央銀行が警笛を鳴らす

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]