ニュース

Amazon、AWSがKaleidoの提供

Amazon Web Services(AWS)はConsenSysと提携してブロックチェーンクラウドプラットフォーム、Kaleidoの提供を行う

このKaleidoとはブロックチェーンビジネス向けのサービスで、企業や利用者がブロックチェーン技術に関する専門的な技術を学ぶことなく利用できるサービスの提供を目指している。これにより、企業は専門的な技術なくETH上のブロックチェーンを基にしたプラットフォームを作り、管理することができるようになるのだ。

この提携についてAWSのリーダーは「提携することで顧客のニーズをさらに理解し、ブロックチェーン技術への取り組みを促進することが可能となる」と述べた。今回のこの提携はニューヨークで開催されたConsensus2018にて発表された。

Amazonはこのブロックチェーン技術に2016年から関心を示しており、そのせいかXRPなどとの提携もたびたび話題となる。4月にはイーサリアム、Hyperledger Fabricプロトコルで使用できるサービスも発表している。ただAmazonは特定のプロとコスに依存する気はないと強調しており、様々なプラットフォーム、プロトコルでの提携、サポートを行っている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. イーサリアムクラシックが台頭

  2. 殺し屋への報酬は暗号通貨支払い

  3. ブロックチェーンの証券貸借プラットフォーム

  4. 株式市場の動きが知りたければ、ビットコインに注目しろ

  5. 韓国は「公務員は仮想通貨取引の禁止」措置施行へ

  6. 匿名通貨といえば②

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」