ニュース

大阪にも!暗号通貨総合窓口オープン

5月20日に関西初の暗号通貨総合案内窓口、Bit Stationが心斎橋にオープンする。

この総合案内窓口、Bit Stationは株式会社ゼロベースが立ち上げた。サービス内容としては暗号通貨や取引所の情報提供や、暗号通貨の管理方法などの相談などを行っている。また同窓口は国内取引所だけでなく海外の取引所も取り扱っているので、取扱通貨の種類も豊富になっている。さらには暗号通貨を始めたくても、怖くて始められない人を対象に暗号通貨を学ぶ講座も用意されている。

取引所の開設すら自分で出来ない人や自分で情報を集める気がない人が、こうした窓口を利用するのかは不明だが、窓口で紹介されたからといって「絶対儲ける」「リスクがない」なんてことはないので、勘違いせずに臨んでしてほしいところである。生活センターでの相談でも「思ったより儲けなかった」なんていう、意味の解らない相談もあるくらいだ。この窓口が変なクレーム対応に追われないことを祈る。

 

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. OmiseGo発行会社、タイ政府機関と提携

  2. FXの取引高が5年ぶりに減少

  3. Ripple、新認証システム導入に向け新規登録を一旦停止

  4. 放送料金をBCHで決済

  5. 昨日(8/22)のニュースまとめ

  6. 一週間(7/15~7/22)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ