ニュース

韓国、新規制は早くて6月

G20の合意を受けて韓国は、暗号通貨を金融資産として受け入れ、暗号通貨に対する税収やICOなどに関する法規制の見直しが検討されている。

現時点で韓国では取引所などの暗号通貨業界は所得税として税金を納めているが、一般的な暗号通貨取引は非課税となっている。しかし、同国が暗号通貨を金融資産として認めたことで今後変更する可能性があるとみられている。また、新規デジタル通貨やICOを合法化する動きもあることから、韓国の法規制は大幅に変化するのではないだろうか。

韓国ではキャッシュレス社会を目指した取り組みが行われているため、暗号通貨に対する新しい法規制ができても、その成長・普及を妨げるようなものはできないのではないかという見方が多い。実際にどういった規制になるのかはまだわからないが、規制は早くて6月終盤に完成するとされている。

また7月に行われるG20が暗号通貨に対する最初の統一された規制の提言提出期限であることから、新規制はそう遠くなく制定されそうである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 金融庁が「コインチェック」に業務改善命令

  2. ブロックチェーンETFがニューヨーク証券取引所とナスダックに上場

  3. BitOasis、中東でビットコイン事業を立ち上げ

  4. SNS大手の暗号通貨広告禁止に対する訴訟

  5. スマホで服薬管理を簡単に

  6. Facebookの仮想通貨関連広告禁止

PAGE TOP

ニュース

世界統一基準での規制、いよいよか

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ