ニュース

チリ、暗号通貨規制の可能性

チリ中央銀行総裁のマルセル氏は国内の暗号通貨規制を検討しているようだ。

現在チリでは暗号通貨を証券とも通貨ともみなしていないが、暗号通貨の取り扱いに関する規制も存在しておらず、中立の立場にある。しかし今年3月から暗号通貨、または暗号通貨取引に対して明確な立場を明らかにするよう求めていた。

今回、マルセル氏は「暗号通貨の活動は市場の透明性、消費者保護、テロリストへの資金援助防止、資金洗浄防止のためにより強固な基準と規制が必要だ」と発言した。今後チリではどのような規制が設けられるか注意しておきたい。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. IBM医療データ管理にCDCとパートナーシップ

  2. Bitfinexが新たに12種のアルトコインの取り扱いを発表

  3. 国内取引所Coincheck、Androidアプリをリリース

  4. bitFlyer USAが事業開始

  5. アメリカの格付機関が「テザー」の危険性を警告

  6. ブロックチェーンを用いたテレビ番組が10月から開始

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ