ニュース

ウクライナ、暗号通貨合法化

ウクライナは現在、暗号通貨合法化に向けて、法案の最終案の作成に取り掛かっている。

同国国家証券・株式市場委員会(SSMCS)は暗号通貨関連の法規制は国際水準に達していないため、当面は国家レベルで制定する必要があるとしている。過度に厳しい措置は発展を阻害する恐れがあるとしてICOの扱いについてはまだ意見が割れているが、暗号通貨やデジタルトークンは自由で透明性のある市場を生み出すとその価値を認めて保存・交換・使用を促す。もちろん、テロ行為や犯罪利用などへの規制処置も提案されている。

またブロックチェーンの利用として広報活動、教育、医療などを挙げブロックチェーンに対する関心も高いようだ。ICOへの対処は世界での扱いが割れているためウクライナでの対応もしばらくの時間がかかりそうだ。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 国内取引所、健全化へ着実に進む[BITPoint・bitbank]

  2. 中国企業レノボ 判別装置の特許申請

  3. リップルがアメリカ大手取引所へ上場手数料で提示

  4. 昨日(7/18)のニュースまとめ

  5. 仮想通貨ヘッジファンドの数が4ヵ月で倍増=英金融調査会社

  6. テックビューロのmijinとは

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ