ニュース

企業の暗号通貨会計、新基準適応

いままで暗号通貨の貸借対照表形状についての明確なルールが定まっていなかったが、2018年4~6月期決算から上場企業に新たな会計基準が強制適応される。

新基準では暗号通貨を取得した際の計上方法は以前と変わらないが、市販期末ごとにその時点の時価に従って暗号通貨の経常価格を変えることが定められ、企業の貸借対照表の変動率は高まることが予想される。以前では価格低下による損失のみ認識する計上方法だったが、新基準では前期末に比べて価値が上がれば資産を増やして差額を利益として計上し、低下すれば資産を減らして費用として計上するよう定められた。

基準が明確にされたことでいいこともあるが、この基準では企業の財務の実態が掴みにくくなり、総資産利益率などの財務指標が機能しにくくなると不安視する声も多い。また暗号通貨を購入している企業はそれほど影響を受けないかもしれないが、暗号通貨交換業などを行っている企業は、顧客との取引の為に多くの暗号通貨を保有している。その場合、経営状況が暗号通貨の価格変動によって経営状況を把握するのが難しくなるのではないだろうか。マネックスグループやGMOフィナンシャルホールディングスなどの交換業者を子会社で行っている企業にとっては大きな問題となりそうである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Bittrexは3月末で80種以上のコインウォレットを廃止へ

  2. 韓国取引所ビッサムが独自トークン発行

  3. 金融機関でもXRPが使われるようになる日は近い

  4. カザフスタン、暗号資産への厳格規制に踏み切るか

  5. ビットコインで支払えるアレの受付、はじまる。

  6. テレグラムのICOは調達目標を2000億円以上に設定

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ