ニュース

日本、キャッシュレス決済比率は約2割

キャッシュレスが進んでいるスウェーデンでは国民の6割がスマホ決済で決済を行い、銀行も9割が現金を扱っていないために管理コストが激減している。

日本でもキャッシュレス社会を政府が目指しているのはご存じだろうか。しかし実情、キャッシュレス決済は約2割である。スマホを多くの人が持っている現状、先進国では40~60%キャッシュレスが進んでいるのにもかかわらず、日本では全くキャッシュレスが浸透していない。

今年春に三菱UFJなどの3メガ銀行がスマホ決済で使うQRコードの統一規格に乗り出し、三菱UFJはブロックチェーン技術を利用したMUFGコインの実用化に向けて取り組みを行うなど、大手銀行がキャッシュレスを促進させるための取り組みに積極的になっている。

現在のクレジットカード決済では処理業者や端末に費用が掛かり、経営側もそのコストを払いたくないがためクレジットカード決済を導入したくない、という考えもある。消費者側もどこでもクレジットカードが使えるわけではないので、現金を持ち続けざるを得ない。そういった状況からキャッシュレスが遠のいているのも事実だ。

提供する側にとっても利用する側にとっても利便性の高いものでなければ、手段としての定着はしないだろう。銀行が率先してスマホ決済などのキャッシュレス決済を提供することが日本のキャッシュレス社会への鍵となるのだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. GMOのBTCハッシュレート、1%なるか

  2. GMOがマイニングでICOを実施

  3. コインベース、機関投資家向け商品を開発

  4. インドではビットコインは法定通貨としない

  5. Ripple、2800万ドルの資金調達を実施

  6. マイニングに対する各国の動き

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」