ニュース

AIとブロックチェーン技術で医療データ取引

データの正確性向上や管理の合理化など医療における重要な情報の扱いをより正確にするための取り組みが行われている。中ではAIとブロックチェーン技術を組み合わせて医療行為を行う実験も行われていて、死因の第3位に挙げられる医療ミスも解決に向かっているようだ。

医療分野での技術活用が先駆的なネビュラ・ゲノミクスとロンジェニスの2社は、ゲノムデータの保管と交換に使用するプラットフォームの開発を進めている。両社とも医療データの管理・交換・使用にブロックチェーン技術を活用している。今回はそのデータを保管管理交換し、医療向上するためのプラットフォームをAIとブロックチェーン技術を活用して開発するようだ。データを単一のネットワーク上にまとめ、研究者らが安全に便利に利用できるようにし、公平で効率的なものを目指すという。

特に医療データはこれからの医学に大きな影響を与える貴重なものだ。だが、その情報は患者のものであり、管理は慎重に行う必要がある。ブロックチェーン上であれば正しい記録、情報が残され、アクセス権限のあるものが同じ情報を共有できる。この技術によって他の技術も発展を早めるのではないだろうか。

IBMのAIとブロックチェーン技術→https://coinsforest.com/p/8423/ 医療ミス改善→https://coinsforest.com/p/8506/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 信用スコアサービスへの動き[生体認証・個人情報・ブロックチェーン技術]…

  2. ロシア、W杯や制裁の影響で暗号通貨導入増加

  3. 集団訴訟サイトで被害者救済へ

  4. クロスチェーン技術とは[初心者向け]

  5. 米商品先物取引委員会、仮想通貨関連の詐欺対策について国外金融当局と連携…

  6. BTC納税の影響か、ファンドの動き活発に

PAGE TOP

ニュース

取り締まり強化に動くSEC,規制緩和に動く議員

ニュース

BitGo、OTC業者と提携[機関投資家への流動性]

ニュース

Binance、欧州市場へ[サポート地域に日本の名称]

ニュース

昨日(1/17)のニュースまとめ

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入