ニュース

【各国取り組み活発】ベラルーシ、デジタル経済促進

ベラルーシ政府は経済のデジタル化を最優先課題と位置づけ、デジタル経済促進のための決議案を作成している。

ベラルーシでは暗号通貨関連法が改訂され、特定の取引所は顧客データを当局へ提出する義務を、企業は顧客氏名・通信履歴運営体制などの情報を提出する義務が加えられた。今回のベラルーシの動きによって暗号通貨やスマートコントラクトなどの技術研究を促進する。最優先課題として政府が認識したために、デジタル経済促進のための法令も作られる。

ベラルーシ政府は、デジタル技術は経済だけでなく、行政機関、社会サービスなどおおよそのものの変革を可能にする技術で、様々な障害や問題を解決すると捉えているようだ。

各国で技術のための法規制、機構、取り組みなどが行われているが、日本は今後どういった姿勢で行くのだろうか。いまのところ暗号通貨だけに目が向けられていて、それを支える技術に対する取り組みは行われていないように見える。国の経済状況によってその取り組みの規模は異なるが、優先するべき課題ではないのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 仮想通貨の割安・割高ランキング

  2. 昨日(8/5)のニュースまとめ

  3. ロシアは7月までに新たな「仮想通貨規制法」施行

  4. 停滞した日本の暗号通貨業界の成長

  5. モナコインがSegWit導入可決、仮想通貨初の快挙

  6. BTCテクニカル講座 ~ラインの引き方~

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ