ニュース

【各国取り組み活発】ベラルーシ、デジタル経済促進

ベラルーシ政府は経済のデジタル化を最優先課題と位置づけ、デジタル経済促進のための決議案を作成している。

ベラルーシでは暗号通貨関連法が改訂され、特定の取引所は顧客データを当局へ提出する義務を、企業は顧客氏名・通信履歴運営体制などの情報を提出する義務が加えられた。今回のベラルーシの動きによって暗号通貨やスマートコントラクトなどの技術研究を促進する。最優先課題として政府が認識したために、デジタル経済促進のための法令も作られる。

ベラルーシ政府は、デジタル技術は経済だけでなく、行政機関、社会サービスなどおおよそのものの変革を可能にする技術で、様々な障害や問題を解決すると捉えているようだ。

各国で技術のための法規制、機構、取り組みなどが行われているが、日本は今後どういった姿勢で行くのだろうか。いまのところ暗号通貨だけに目が向けられていて、それを支える技術に対する取り組みは行われていないように見える。国の経済状況によってその取り組みの規模は異なるが、優先するべき課題ではないのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. フィリピン「クラウドマイニング契約は証券」

  2. ケニア中銀、暗号通貨の取り扱いについて国内銀行に警告

  3. 仮想通貨投資で1年で5億稼いだ男

  4. デジタルガレージ子会社、日本初のビットコイン決済を開始

  5. ブロックチェーンで貴金属取引、プロトタイプが完成

  6. 国内取引所のミスターリップルが生まれ変わる

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」