ニュース

野村ホールディングスも、サービスに向け研究開始

野村ホールディングスは暗号通貨やデジタルアセットなどのサービス提供に向け研究を開始する。

野村ホールディングスはデジタルアセット市場が急激に成長したことから、機関投資家たちが市場への投資を検討しているものの、安全で法規制に準拠したサービスが不足していると指摘し、その参入を促すために今回の行動に出た。この研究は一社の単独で行うのではなく、デジタルアセットのセキュリティ管理を行うレッジャー社と、投資顧問会社のグローバル・アドバイザーズ・ホールディングスと共同で実施し、投資家によるデジタルアセット市場参入の促進を目指す。

この提供予定のサービスはカストディ・サービスといい、元利金・配当金の代理受領や投資家のための証券保護預かりなどを提供するサービスとなっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Mastercardが、暗号通貨利用者に対する返金サービスに関する技術…

  2. アジア最大のアートショーで仮想通貨決済導入

  3. 金融庁、暗号通貨での出資規制を行う方針[産経新聞]

  4. XRPの投げ銭サービス

  5. フィリピンで暗号通貨関連事業の認可

  6. 昨日(1/5)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

SendFriend、xRapidを導入したサービス開始

ニュース

1週間(6/17~6/24)の国内ニュースまとめ

ニュース

プロジェクト[Libra]の3つの特徴と問題点

ニュース

アメリカ、FATFガイダンスに合わせた動き

ニュース

昨日(6/22)のニュースまとめ

ニュース

G7での暗号通貨規制に関する対策チーム設立[FATF・Libra]

ニュース

FATF、暗号通貨ガイダンス発表[実現性に疑問の声]

ニュース

金融庁、ガイドライン改正案公表[ICOへの対応]