ニュース

Upbit、内部監査で潔白を証明

韓国の暗号通貨取引所大手Upbitは現在、座木の疑いで家宅捜査が行われている。

しかし、Upbit側は暗号通貨の保有に偽装はないと内部監査で証明しているようだ。その調査の中でUpbitの帳簿とウォレットは100%一致するとも報じられているが、事態はまだ解決していない。

今回のこの容疑は規制当局があまり仕組みを理解していないままに行ったために生じたもの、と指摘する方も多い。当局が把握できていないことは重大なミスだが、Upbitが複数のウォレットを所有・使用していたことが調査官の誤解を招いたと指摘する声も上がっている。いずれにしろ、同取引所にやましいことはなさそうだ。仮に詐欺行為を行っていたとして、ブロックチェーンを調べれば、すぐに真偽がわかってしまう状況で取引所側が嘘を重ねることはないのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. オーストラリア証券当局がICOに言及

  2. EOS、脆弱性否定

  3. 電子マネー発行に対する規制[ルーマニア]

  4. ベトナムで707億円相当のICO詐欺

  5. 盗難されたマイニング機器、中国にて発見か

  6. コインチェック、訴訟費用は最大で20億

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ