ニュース

また?ポーランド、反暗号通貨運動

ポーランドの金融監督庁は暗号通貨のリスクなどに関するキャンペーンを新たに行うことを発表した。

以前にもポーランドは反暗号通貨の姿勢で暗号通貨を批判するYouTubeのスポンサーとなっていたが、今回は新たに61.5万ズウォティ(1885万円)を出してキャンペーンを行う。ポーランドでは暗号塚の規制は特に行われていないが、法定通貨として認めているわけでもなく、中立国として認識されていたが、この反暗号通貨のキャンペーンを国指導で行っていることから、暗号通貨に関する目は厳しい。

ただ、ブロックチェーン技術の開発に反対しているわけでもなく、実際に強い強制力を持った規制などは行われてはいないため、大した抑止力にはなっていない。技術の開発を否定しているわけではない、と明言していることから規制などによって人材が流失することを恐れ、しかし暗号通貨の利用はやめさせたいという考えでこういった反暗号通貨のキャンペーンを行っているのだろう。

政府が反暗号通貨のスポンサー→https://coinsforest.com/p/7003/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 給与を暗号通貨で

  2. 日本法人設立に動くBinance

  3. ICOの現実 ホワイトペーパーの存在

  4. 韓国政府、「通常の」仮想通貨取引を支持へ

  5. 中国政府、ブロックチェーン技術開発に積極的

  6. 中国が暗号通貨に対し更なる規制をかけていくのか

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ