ニュース

CME、イーサ先物サービス開始への思惑も

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は14日、ウェブ上でリアルタイムでーサ/ドルの指数を供給していくと発表した。データは、取引所のクラケンやBitstampから得るという。この報道を受けて、CMEがビットコインだけでなく、イーサー先物取引サービス供給にも着手するのではとの期待感も広がった。

CMEの幹部、ティム・マッコート氏は、「イーサの先物への需要がはたしてあるかどうかを判断していく」と、ブルーンバーグのインタビューで答えている。ただ、
現在のところ、開始する計画はないとした。

CMEは昨年12月にビットコイン先物のサービスを開始。取引高は今のところ、期待には満たないが、日中の出来高は3000を上回る水準で安定している。商品先物取引委員会(CFTC)のコミッショナー、brian quintenz氏は14日にニューヨークでのイベントで、イーサーの派生商品サービス提供に興味を持っていることを明らかにしたものの、イーザーが証券であるかどうか明確にする必要があると指摘している。

問題は、依然、イーサリアムの扱いが商品になるかか、証券になるか不明確であること。ビットコインは商品として取り扱われている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. HISグループ率いる沢田氏が仮想通貨業界に参入

  2. 営業中、登録業者の処分一覧

  3. 中国、新たにブロックチェーン技術の実装

  4. 資産管理サービスでXRP等の扱い検討[Coinbase]

  5. 銀行事業者となったitBitの目論見とは?

  6. 分散型取引所でもハッキング被害

PAGE TOP

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行

ニュース

暗号通貨専用の銀行と裁判所設立、検討へ

ニュース

Coinbase、確立した地位を

ニュース

Binance、技術学習サービス提供

ニュース

昨日(8/16)のニュースまとめ