ニュース

コインベース、機関投資家向け商品を開発

米国の大手仮想通貨取引所コインベースは15日、新たに4つの商品を発表した。コインベースカストディ、コインベースマーケット、コインベースインスティチューショナルカバレッジグループ、コインベースプライムの4つ。

コインベースは、機関投資家向けのプラットフォームを提供する。これにより、機関投資家のエクスポージャーの拡大を目指すと、アダム・ホワイトGMがCNBCに語った。新たな商品を提供することにより、眠っている機関投資家の100億ドル規模の資金を取り込むことができると自信を表明。ただ、コインベースカストディでは、米証券取引委員会(SEC)に登録済のブローカーとパートナーシップを結ぶ必要がでてくる可能性が指摘されている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Chaintopeと三菱総合研究所、開発検討で合意[国内技術への動き]…

  2. ドラギECB総裁、ビットコイン規制はECBの責務ではない

  3. 分散型取引所でもハッキング被害

  4. アメリカ元要人「仮想通貨は中央銀行を滅ぼす」と危機感

  5. 丸紅、ブロックチェーン技術を用いた実証実験開始[電力供給システムの分散…

  6. 中国大手Huaweiがブロックチェーン技術を活用し保険サービスへ

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]