ニュース

リップルの新プロジェクト、Xpring

Consensusで発表されたリップル社の新たなプロジェクト、Xpring(スプリング)とは何だろうか。今回はXpringの解説をしていく。

今までリップルはブリッジ通貨として、送金手段としてのシステムの提供を行っており、実際に金融機関などで利用されている。それに加え、このXRPを利用してビジネスを行う場合、そのサポートも手掛ける。つまり今までの国際送金に加え世界各国でのビジネスもリップルの恩恵を受ける対象となったのだ。

このサポートというのは金融的援助のことで、XRPの製品開発、サービスを行う企業に行う。リップルは世界各国の金融機関で実験、利用されているが、金融機関という枠から抜け出せていない。そのため、このXpringではXRPを利用する企業への投資、助成金の交付、創出を行うことでXRPの普及を促進させるのが狙いとなっている。

リップルは既にXRPでの企業への投資を行っている。たとえばコインベースやクラーケン、そしてベンチャーキャピタルファンドなど3.5億ドル以上もの投資を行っている。今回の新プロジェクト、Xpringによってさらにその動きは加速していくだろう。今現在では国際送金、送金と使用方法が限られているが、このプロジェクトにより開発や利用は増加し、様々な用途が見つかるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

  2. 質問コーナー[秘密鍵と公開鍵について]

  3. Ripple社が金融機関向けにサービス提供する理由

  4. SBI北尾社長、コインチェックを「カス中のカス」

  5. クレジットカードを利用しての暗号通貨購入禁止

  6. 金銭の絡まない評価を届ける暗号通貨

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ