ニュース

台湾、銀行決済システムにブロックチェーン技術

台湾の台北富邦銀行は決済システムにブロックチェーン技術を導入した。

台北市はブロックチェーン技術を積極的に事業や企業に導入する取り組みを行っており、1月にはブロックチェーン技術を用いた健康履歴の追跡や大気汚染の最新情報提供などのサービスを市民に提供している。また台北市だけでなく台湾全体としても決済システムのセキュリティと効率を改善するために、中央銀行がブロックチェーン技術の活用方法を研究している。

今回、決済システムにブロックチェーン技術を導入した台北富邦銀行は、このシステムの実装範囲を拡大して行くことを目標としている。ブロックチェーンはイーサリアムのものを利用して、BFTを実装することで決済にかかる時間と取引費用を抑える。この技術の導入により、取引速度は1秒未満にまで短縮された。

一時期はブロックチェーン技術の開発や研究の話題が多かったが、最近では実証実験や導入といった実用化の話題が多くなってきている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. インドは何故規制強化へ踏み切ったのか

  2. 落合陽一氏がビットコインでクラウドファンディング

  3. ブロックチェーンの公開範囲

  4. マウントゴックス、民事再生決定

  5. リップルのCEOが交代、ラーセン氏からガーリンハウス氏へ

  6. 同性婚をブロックチェーン技術で

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲