コラム

平和と共に通貨革命を

こんにちは、クリプト君です。

今回は、平和と共に通貨革命をというかっこつけすぎたタイトルでお送りします。

近年、平和ぼけしていると言われる日本でも、テロや過激派の脅威を感じざるを得ない今日この頃ですが、

やはり平和の障壁となっているものは明確なのではないかなとも思うわけです。

それは、「差別」と「戦争の名残」です。

「差別」でいうと、先月末に日本のサッカーリーグでも差別問題が起きましたが、差別というのは大きな平和の障壁のひとつと言えます。しかし同じ人間通しで差別するなどナンセンスであり、おごり高ぶりに過ぎません。ダサくて、愚かな行為です。

そしてもう一つは「戦争の名残」です。さきの大戦で勝ったアメリカが世界を引っ張っていくこと自体疑問が残りますが、敗戦国や被害国が今もなおその影響を受けているようでは戦後70年を手放しで喜ぶわけにはいかないわけです。

どうすべきか?は一筋縄ではいきませんが、

やはり何かをリセットする必要はあると感じるわけです。

それは、力関係であったり、何かのツールであるかもしれません。

そこで「通貨」という概念はものすごく重要になってくると考えます。

あらたな通貨の概念は、もしかしたら

「世界平和」へ私たちを少し進めてくれる存在になりえるかもしれません。

関連記事

  1. ETN上場から見る暗号通貨の今後

  2. MobileGOのレートが1.0ドルに回復

  3. 興味の湧かない、ICO

  4. XRP(リップル)が50の取引所で取り扱い

  5. 『仮想通貨でトレード‼』シリーズ開始!

  6. 世界と日本

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

Microsoft ブロックチェーンの新たな活用法研究

ニュース

ロシアが規制法案発表

ニュース

仮想通貨は本当に”eco”なのか

ニュース

【速報】熊本電力がマイニング参戦!

ニュース

【速報】世界大手、「クラーケン」がXRP/JPYを取り扱いに追加!

ニュース

【速報】韓国政府「仮想通貨規制担当」が自宅で不審死

ニュース

コインチェック、他社と資本提携か?

ニュース

【上場廃止か??】元飲料会社ロング・ブロックチェーン、社名変更も無意味