ニュース

ケニアの規制状況

ケニア中央銀行(CBK)は4月に国内の全銀行に対して暗号通貨取引、または暗号通貨に関連する企業との取引に用心するように警告を行った。この警告の前には国民に対して「暗号通貨は法定通貨として認められていない」と警告している。ただ、同国の投資家に対する明確な規制や方針は示されていない。

政府・中央銀行はブロックチェーン技術の支持を表明しており、3月には大統領の指示でブロックチェーンタスクフォースが設立されている。ブロックチェーン技術が持つ有用性・将来性から大統領は特にブロックチェーン技術に関して興味を示している。またこうした取り組みからか世界的なブロックチェーン企業、フィンテラがケニアに拠点を設けた。

中央銀行はブロックチェーン技術を支持しているもののデジタル通貨・暗号通貨に対しては慎重な姿勢を続けている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(6/24)のニュースまとめ

  2. 【速報】韓国政府「仮想通貨規制担当」が自宅で不審死

  3. 1週間(1/5~1/12)のニュース

  4. 登録業者Xtheta、新たにコワーキングスペースオープン予定

  5. オウケイウェイヴ、分散型モバイルウォレット開発[LastRootsとの…

  6. 金融庁はICOを危険視

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/20)のニュースまとめ

ニュース

SBI,地域独自電子通貨発行支援

ニュース

ドイツでSTOプラットフォームの認可

ニュース

韓国取引所の97%が経営危機[市場縮小と取引所の信頼]

ニュース

楽天ウォレット、現物取引サービス開始

ニュース

【bitFlyer】Tポイントでビットコインの購入可能に‼

ニュース

送金サービス[One Pay FX]、ラテンアメリカでの提供準備[xCurren…

ニュース

ニューヨーク州最高裁、NYAGの調査許可[Bitfinex/Tether]