ニュース

ケニアの規制状況

ケニア中央銀行(CBK)は4月に国内の全銀行に対して暗号通貨取引、または暗号通貨に関連する企業との取引に用心するように警告を行った。この警告の前には国民に対して「暗号通貨は法定通貨として認められていない」と警告している。ただ、同国の投資家に対する明確な規制や方針は示されていない。

政府・中央銀行はブロックチェーン技術の支持を表明しており、3月には大統領の指示でブロックチェーンタスクフォースが設立されている。ブロックチェーン技術が持つ有用性・将来性から大統領は特にブロックチェーン技術に関して興味を示している。またこうした取り組みからか世界的なブロックチェーン企業、フィンテラがケニアに拠点を設けた。

中央銀行はブロックチェーン技術を支持しているもののデジタル通貨・暗号通貨に対しては慎重な姿勢を続けている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. TwitterCEO,「暗号通貨は未来の決済手段」

  2. 仮想通貨の課税対象まとめ

  3. ビットコインのハードフォーク、シルバート協定で合意される

  4. SECコミッショナー「過度な規制は控え、見守るべき」

  5. なぜ?コインチェックが認可されない理由とは!!

  6. 投資のリスクとリターン

PAGE TOP

ニュース

取り締まり強化に動くSEC,規制緩和に動く議員

ニュース

BitGo、OTC業者と提携[機関投資家への流動性]

ニュース

Binance、欧州市場へ[サポート地域に日本の名称]

ニュース

昨日(1/17)のニュースまとめ

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入