ニュース

ケニアの規制状況

ケニア中央銀行(CBK)は4月に国内の全銀行に対して暗号通貨取引、または暗号通貨に関連する企業との取引に用心するように警告を行った。この警告の前には国民に対して「暗号通貨は法定通貨として認められていない」と警告している。ただ、同国の投資家に対する明確な規制や方針は示されていない。

政府・中央銀行はブロックチェーン技術の支持を表明しており、3月には大統領の指示でブロックチェーンタスクフォースが設立されている。ブロックチェーン技術が持つ有用性・将来性から大統領は特にブロックチェーン技術に関して興味を示している。またこうした取り組みからか世界的なブロックチェーン企業、フィンテラがケニアに拠点を設けた。

中央銀行はブロックチェーン技術を支持しているもののデジタル通貨・暗号通貨に対しては慎重な姿勢を続けている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(7/25)のニュースまとめ

  2. 脱税対策にブロックチェーン技術とAI

  3. 【3億円分強奪】仮想通貨の開発者襲われ、怪しい薬物を飲まされる

  4. モルガン・スタンレーのマイニング予測

  5. SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

  6. ブロックチェーン特許取得は投資呼び込みとして活用

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ