ニュース

ケニアの規制状況

ケニア中央銀行(CBK)は4月に国内の全銀行に対して暗号通貨取引、または暗号通貨に関連する企業との取引に用心するように警告を行った。この警告の前には国民に対して「暗号通貨は法定通貨として認められていない」と警告している。ただ、同国の投資家に対する明確な規制や方針は示されていない。

政府・中央銀行はブロックチェーン技術の支持を表明しており、3月には大統領の指示でブロックチェーンタスクフォースが設立されている。ブロックチェーン技術が持つ有用性・将来性から大統領は特にブロックチェーン技術に関して興味を示している。またこうした取り組みからか世界的なブロックチェーン企業、フィンテラがケニアに拠点を設けた。

中央銀行はブロックチェーン技術を支持しているもののデジタル通貨・暗号通貨に対しては慎重な姿勢を続けている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. スイスの通信業者が新サービス開始

  2. ソニー子会社、三井住友信託銀行の実証実験参加[ブロックチェーン・不動産…

  3. 今度はブラジルで暗号通貨関連学科が開設

  4. 【極秘インタビュー】世界的な著名投資家が考える各通貨の展望とは

  5. 大手取引所QUOINEが約17億円を調達、本社も日本に移転へ

  6. 韓国政府、暗号通貨規制の見直し検討[Binanceは緩和で進出検討]

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/12)のニュースまとめ

ニュース

JCBA、意見書公表[暗号通貨管理]

ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

ニュース

イギリス中銀、Libraの監督方針

ニュース

Ripple、Finastraと提携[RippleNet]

ニュース

販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

ニュース

Binance、AliPayやWechatPayでのBTC購入サポート

ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ