ニュース

ウガンダの政治・暗号通貨状況

ウガンダは4月に世界的な暗号通貨取引所バイナンスと提携し、同国の経済発展を促している。昨年3月、中央銀行は暗号通貨に対する規制を行ったが、大した効果はなく投資家は取引所の解説を支援、経済強化の姿勢で臨んだ。現在では政府も公共サービス提供のためにブロックチェーン技術の活用に注目している。

暗号通貨そのものよりもブロックチェーン技術に注目しており、この技術革新による雇用創出や経済発展を目指している。来月に開かれるアフリカン・ブロックチェーン主催のカンファレンスでは、有力者らがブロックチェーン技術をどう経済に取り入れ、実現していくのか、具体的な計画についての議論が行われる。

【ウガンダ】国民1人当たりのGDPが2,000ドル程度と最貧国の1つとされているウガンダでは経済発展・若者雇用の促進が大きな課題のひとつとなっている。ちなみに一人当たりのGDP平均は10,830ドルとなっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ボリビアでビットコインを利用した投資詐欺、逮捕者60名

  2. 日本、匿名通貨終了か

  3. RippleTrade、本人確認書類提出期限を10月30日に延期

  4. 【速報】コインチェック会見まとめ!代表は涙目

  5. カナダの規制当局、ブロックチェーンETFを承認

  6. MR.Rippleカスタマーサポート一時停止

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]