ニュース

宮城県、有機野菜とブロックチェーン技術の融合

宮城県の綾町が電通国際情報サービス(ISID)と提携し、ブロックチェーン技術を利用した有機栽培野菜の品質保証に関する実証実験に取り組んでいる。

巨大eコマのアリババでも商品の品質管理、追跡の為に取り組みがなされているブロックチェーン技術は農業と技術を組み合わせたアグリテックとしての活用にも期待されている。同庁では有機野菜の年間出荷額15.6億円を誇る有機農業における先駆者で、食の安全を追求し、消費者へ提供している。食品偽装や異物混入事件が世間を騒がせ、有名店や大企業も信用できないとし、食に関する情報開示が求められている今では、生産管理や状況の透明性を持って開示できるブロックチェーン技術はうってつけだ。

実際に六本木での朝市、ヒルズマルシェで野菜情報が閲覧できるQRコードを付けた野菜を販売したところ通常の野菜の2倍の価格でも販売した。六本木で行われた、という場所や対象者の偏りがあるのは否定できないが、消費者の情報への意識は確かに高まっている。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ビットコインは心理的節目9000ドル目指す展開

  2. 人材・事業流失を恐れ、支援対策[スイス]

  3. 証券会社が共同で取引所開設

  4. BTC,「デッドクロス」を警戒、弱気派増える

  5. シンガポール中央銀行が新しいペイメントサービス

  6. インフレ率は8.5万% ベネズエラの通貨

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ