ニュース

富士通、ブロックチェーンの取り組み活発

富士通はブロックチェーン技術を利用し異業種間のデータ共有促進を行う実証実験を開始した。

この実験は異種行間での新たなサービスを創出し、それを促進することが目的となっている。実験には富士通のVirtuora DXを使用し、取引履歴が可視化され透明性を保ちつつ、各業種での情報を共有する。参加するのはソフトバンク・東京大学・三菱地所で、無関係な間での情報を組み合わせることで新たな価値を創出するデータの活用法を模索する。また、データを利用する際には生協社への利用申請を行う。

今回で実験ではソフトバンクは人の流れのデータを、三菱地所はビルの電力使用量や店舗での売上高を提供し、データの記述は東大、大澤教授考案の方式を用いて行う。

富士通はブロックチェーン技術への取り組みに非常に注力している。金融庁の育成方針から規制体制に変わる以前より積極的に海外での実証実験や提携を行っていた企業である。ブロックチェーン業界が未熟な日本を支える企業となっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ブロックチェーン上のデータ変更は犯罪行為

  2. PoWとは?

  3. イギリス自主規制団体が適切な規制整備要請

  4. 日本の金融庁の対応

  5. ドイツ「銀行のデジタル通貨発行はリスクが大きい」

  6. イスラエルで仮想通貨課税

PAGE TOP

ニュース

おかえり!金塊ハンター

ニュース

Coinbase、新ウォレットは機能豊富

ニュース

Binance、法定通貨建て取引所を設立

ニュース

昨日(8/17)のニュースまとめ

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行