ニュース

世界で初、銀行記録処理にブロックチェーン技術

世界で初めて銀行記録の処理にブロックチェーンを利用して行われた。

これはポーランドの銀行で行われ、100万の事業と2400万人の信用履歴を追跡し、顧客情報の管理と安全性を保つことを目的に行われた。ブロックチェーン技術は優れたセキュリティ性と改ざんの脅威からの脱却、統合性をもっているため金融機関などの信用機関にとって大きな利益をもたらすものとして研究開発が行われている。実際にアメリカのR3を中心としたブロックチェーンコンソーシアムでは各国の中央銀行・主要銀行が参加し研究に取り組んでいる。

上記の通り銀行での活用はもちろん、保険金の請求や取引の証明、ローン契約履歴の追跡などといったことが可能となる。保険金請求に時間がかかっていたものが、数日で完了し重複などといったミスもなくなる。また改ざんが不可能なことから企業間での取引の証明としてや個人間での契約の証拠となる。

この技術は様々な可能性を持ちながら従来のコストを大幅に削減することが可能となっている。問題点も解決し、利便性を向上しながらコストの削減まで行えるために、大企業に限らず導入することが可能な技術で通信や公共事業といった信頼性や透明性を求められる業界での導入の動きが活発になっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 富士通、ブロックチェーン技術でポイント管理

  2. オマーン銀行、リップルネット加盟

  3. 昨日(1/21)のニュースまとめ

  4. ETHの最大発行量が1.2億に制限される可能性が浮上

  5. クロスチェーン技術とは[初心者向け]

  6. 昨日(8/28)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

LastRoots、3.5憶円の第三者割当増資[引受先はオウケイウェイヴ]

ニュース

マネーパートナーズグループ、暗号通貨交換業を主目的とした子会社設立へ

ニュース

金融庁、新たに2社を仮想通貨交換業者として登録[新規業者が登録完了]

ニュース

昨日(3/25)のニュースまとめ

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…

ニュース

取引所Binance、第3弾となるICOトークン[CELR]上場