Stellar Lumens(XLM)

オープン時期
2014年8月
公式サイト
https://www.stellar.org/
最大生成コイン数
102,901,180,739XLM
生成アルゴリズム
Stellar Consensus Protocol

2014年8月に発足した仮想通貨。システムの多くの部分がRippleに酷似しており、一部では「Rippleのコピー」とも呼ばれているが、注目されるのはこのステラを立ち上げたのが、ジェド・マケ-レブ氏ということが大きな要因である。マケ-レブ氏はビットコインのシステム開発、かのMt.GOX取引所、そしてRippleの立ち上げに関わってきた、仮想通貨の世界ではプロ中のプロである。
また、ステラにはMIT(マサチューセッツ工科大)メディアラボ所長の伊藤穰一氏がアドバイザーとして名を連ねている。同氏は他にMozilla財団やSONYのボードメンバーでもある。
ステラはマケ-レブ氏が立ち上げたことなどで仮想通貨関連業界では当初から注目され、ウォレットの開設時にコインが一定数もらえるなどのキャンペーンも功を奏し、その数も3ヶ月で300万を超えるなど大きな話題となった。2015年に、STR(Stellar)からXML(ルーメン)へと改名された。

PAGE TOP

ニュース

量子コンピュータはビットコインの脅威となるのか

ニュース

Zaif、チャットの利用制限解除

ニュース

マネックス、セミナー開催[Youtubeで配信予定]

ニュース

昨日(10/22)のニュースまとめ

ニュース

Nayuta、ウォレットサービスを発表[LN対応]

ニュース

Poloniex、アメリカ市場からの撤退[法規制]

ニュース

IBM,海産物の安全性向上へ[ブロックチェーン]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ