ライトコイン(LTC)

オープン時期
2011年8月
ライトコインプロジェクト
https://litecoin.org/ja/
最大生成コイン数
8,400万LTC
生成アルゴリズム
スクリプト
紹介動画
http://youtu.be/q7B7S88RtV8

ライトコインは2011年にチャーリー・リー氏によって生み出された仮想通貨で、システムの多くの部分でビットコインが基礎となっている。
ビットコインの改良版、というのがイメージしやすく、一番大きな改善点は送金にかかる時間がビットコインは約10分であるのに対し、ライトコインは約2分半と大幅に短縮されている。
チャーリー・リー氏は元Googleのプログラマであり、仮想通貨の世界では著名人である。氏は業界の発展に大きく寄与していて、業界の大きなフォーラムなどでも常に注目を集めている。
ライトコインの特徴は上述した送金スピードがビットコインより速いこと、コインの発行総数が8400万LTCに設定されていることであるが、これ以外の基本的な部分はビットコインに似ているのでビットコインに関する記述も併せて確認頂きたい。

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/7)のニュースまとめ

ニュース

DNP・富士通と協力しプラットフォーム提供[情報銀行・ブロックチェーン]

ニュース

銀行間送金、実態調査[フィンテック企業の現状]

ニュース

アメリカ、デジタル通貨発行の必要性[中国・欧州・日本]

ニュース

昨日(12/6)のニュースまとめ

ニュース

BUIDL、Securitizeの100%子会社に[ブロックチェーン]

ニュース

博報堂、コンテンツ配布実験[ブロックチェーン]

ニュース

Bitgate、一部サービス停止[東郷証券]